包茎クリニックの治療方法、どんなものがあるの?

包茎クリニックの治療方法、どんなものがあるの?

包茎クリニックの一般的な治療法・環状切除術の特徴とは

 

包茎手術にはどんな方法があるのだろうか、と思っている方もおられるかもしれません。
そういう方のために、最も一般的な包茎手術の方法をご紹介します。
環状切除術と呼ばれており、概要と特徴をお伝えします。

 

環状切除術は最もポピュラーで単純な術式

 

包茎手術の方法にはいくつかのものがありますが、その中で最も有名なのが環状切除術です。
どうして有名かというと、この術式が多くの病院で採用されているものだからです。
方法はいたってシンプルで、男性器を可能な限り引き伸ばしたうえで、包皮の余分な部分を環状に切除します。
環状に切除すると聞いてもピンと来ない方もおられると思いますが、これは簡単にいえば包皮を輪切りにするということです。
この術式は泌尿器科でも行われていますし、もちろん包茎専門クリニックでも受けることができます。
手術の工程が単純なので、患者にとっても分かりやすいというのも特徴の一つです。

 

方法がとても簡単だから手術が早く終わる

 

環状切除術の特徴は工程が単純なことだと説明しましたが、この特徴は手術を受ける患者に大きなメリットをもたらします。
どういうメリットかというと、手術が短時間で終わるということです。
クリニックによって多少の差はありますが、この環状切除術なら概ね20分前後で手術を終えることができるのです。
20分といえば食事休憩よりも短い時間ですが、これだけの早さで手術が終わるのは患者にとって嬉しいメリットでしょう。
またそれに加えて、環状切除術は手術のミスが少ないのも際立った特長となっています。

 

手術後に性的感度が落ちることもない

 

どんな術式を選ぶにしても、包茎患者が最も心配するのは手術によって変化する性的感度かもしれません。
確かに包茎手術によって性的感度が落ちてしまうケースは少なからずあります。
しかし、環状切開の場合はその心配はないといっていいでしょう。
どうしてかというと、性感の重要なポイントである包皮小帯を残したまま余分な包皮を切除できるからです。
包皮小帯は裏スジとも呼ばれていますが、環状切開ではこの裏スジを切らずに手術を行うことができます。
結果、手術が終わっても性的感度が下がることはないのです。
もちろん自ら希望して裏スジを切断する人もいますが、それは本人の意志によるものです。

 

環状切除術は包茎手術の中で最も取っ付きやすい術式といえるでしょう。
なぜなら、工程が非常に単純かつシンプルで、手術時間も短くてすむからです。

 

 

包茎クリニックが実施する包茎治療術のクランプ法について

包茎治療を受けたいと思っている方は、治療法の種類について知っておく必要があります。
中でも一般的といわれる、クランプ法についてご紹介します。
クランプ法はよく知られた術式であり、この方法で包茎を治したという方も多くいらっしゃるはずです。

 

クランプ法はとても画期的な治療法

 

包茎クリニックで行われる治療術には様々なものがありますが、クランプ法はその中でもある面で際立っています。
クランプ法の特徴として、手術の結果が医師の技術レベルにそれほど左右されないという点があります。
これは、すごいことだと思われるのではないでしょうか。
なぜならクランプ法なら、治療を成功させるために必死になって名医を探す必要もなくなるからです。
クランプ法はその治療術が画一化されているため、医師の技量で仕上がりに差が出るということがほとんどありません。
誰が手術を行ってもほぼ同じ結果が出るというのが、クランプ法なのです。
このことは、包茎治療の世界でも画期的なことだと評価されています。

 

ストレスや患者への負担が少ない理想的な治療術

 

仕上がりのムラが出にくいことに加えて、手術が簡単で時間が短いのも、クランプ法の際立った特徴です。
手術が簡単で時間が短いことは、患者にとって何がいいのでしょうか。
それはいうまでもなく、少ないストレスと負担で、治療が受けられるということです。
治療が成功しても受ける負担が大きければ問題ですが、クランプ法ならその心配がないのです。
ちなみに負担が少ないというのは、出血が少ないということを意味しています。
術式によっては出血が多くなる場合もありますが、クランプ法は最小限の出血しかしないので安心できます。

 

費用面でもメリットが大きい手術法

 

包茎治療を受ける人が心配する要素の一つには、治療にかかる費用という問題があります。
これが少額だといいのですが、あまりに高額だと患者さんは治療をためらってしまいます。
実はクランプ法は、この問題もしっかりクリアしています。
どういうことかというと、手術時間が短く方法も簡単になっています。
そのため、かかる費用が少なくてすむのです。
治療費用は時間の長さと難しさに比例するものですが、クランプ法はその点でラッキーな術式といえます。
なぜなら、クランプ法は短時間で簡単に終わる治療術だからです。

 

クランプ法は患者にとってメリットの多い治療法です。
特に方法が簡単で負担が少ないという点は、高く評価できるものです。

 

 

短時間で処置が可能な背面切開術を行う包茎クリニックについて

包茎治療はできるだけ早く簡単に済ませたい、と思っている方もおられるかもしれません。
包茎クリニックで行われる施術法として、背面切開術があります。
背面切開術の特徴を、覚えておきましょう。

 

背面切開術はとてもシンプルな手術法

 

名前の印象から難しい治療だと思っている方もおられるかもしれませんが、背面切開術は決して難しい治療法ではありません。
むしろ、シンプルで分かりやすい術式だといっていいでしょう。
要は余分な包皮を切り剥がし、亀頭を出してから縫合するというのが背面切開術です。
際立った特徴といえば、包皮を横ではなく縦に切開するという点です。
包茎手術には包皮を輪切りにする方法もありますが、背面切開術はそれとは違い、スリットを入れるように縦に切開するのが特徴です。
その目的はあくまでも、亀頭の先端を覆った包皮を広げやすくすることです。
背面切開術を行えば、包皮と亀頭の執拗な癒着はなくなり、自分でも露出させることが可能になります。

 

手術時間が短くて最小限の負担で行える

 

自分がこれから受ける包茎治療に期待することは、どんなことでしょうか。
それはおそらく治療時間が短いことと、体への負担が少なくてすむことでしょう。
実はこの点において、背面切開術はとても優れた術式ということができます。
なぜなら、背面切開術は短時間で治療が終わるのに加えて、体への負担が少ない治療法だからです。
手術と聞けば何時間もかかるというイメージですが、この背面切開術はなんと15〜20分程度で終わります。
体への負担についても、包皮を切開はしても切除はしない術式のため、最小限の負担ですみます。
スピーディーに終わって負担も少ないという、背面切開術はまさに理想的な治療法といえます。

 

術後の回復が早いのも嬉しいメリット

 

包茎治療を受ける人の中には、術後、なるべく早く日常生活に戻りたいと考える人もいます。
背面切開術はこの点においても、素晴らしい治療法であるといえます。
なぜなら、背面切開術は他の手術法と比べても術後の回復が早いからです。
すでに紹介したとおり、背面切開術では包皮を縦に切開しますが、不要な部分を全て切除することはありません。
そのため、他の手術法に比べて体への負担が少ないのです。
そして負担が少ないということは、それだけ早く回復できるということになります。
こうした特徴をもつ背面切開術なら、仕事で忙しい方でも安心して治療を受けることができます。

 

背面切開術はいろんな意味で安心できる治療法といえます。
特に素晴らしいのは、最小限の時間と負担で手術が終わるという点です。

 

 

包茎クリニックの切らない手術とは?メリットとデメリットについて

 

メスを使わない包茎治療、すなわち切らない手術について紹介します。
切らない手術は確かにあり、メリットとデメリットの両面があるので、その両方を抑えておく必要があります。
これからその二つを説明していきますので、ぜひご覧になってください。

 

費用的な負担が少なくてすむのはメリット

 

包茎手術はなるべく安く済ませたいと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。
実はそういう方にとって、切らない手術はとても大きなメリットがあります。
どういうことかというと、手術の費用が安く抑えられるということです。
費用が発生するのは当然ですが、切らない手術は切る手術に比べて費用が安いのです。
安い理由はなにかというと、メスを使わない分、医者も患者もリスクが少なくなるからです。
手術の費用は難易度やリスクの高さに比例しますが、切らない手術はその難易度やリスクが低いのです。
そういうわけで切らない手術は、費用負担を少なくしたい方にメリットがあります。

 

回復が早くて余分な傷跡をつけなくてすむ

 

手術を受ける患者さんの中には、体への負担を少なくしたいと思っている方もおられるでしょう。
切らない手術はそういう方にも利点があるといえます。
なぜなら、切らない手術はメスを使うことがないからです。
これは何を意味するかというと、体を不必要に傷つけることがないということです。
これで負担が少なくなることはもちろん、傷跡も残りにくくなります。
というだけでもメリットがありますが、さらにいいことは、術後の体の回復が早いということです。
手術で負担を最小限にしているのですから、そこからの回復が早いのも当然です。

 

切らない手術は軽度の包茎にしか使えない

 

ここまでメリットばかりを紹介してきましたが、ここで一つデメリットについてもお伝えしておきましょう。
それは何かというと、切らない手術が適用できる範囲が限られているということです。
切らない手術は全ての包茎で行えるものではなく、軽症の仮性包茎でしか採用できません。
その理由は、程度の重い包茎になると、切らずに完治させることが難しくなるからです。
切らずに治療できる包茎といえば、軽度の仮性包茎しかありません。
より具体的にいうと、カントン包茎や真性のような重度の包茎では、切らない手術は適用できません。

 

切らない手術にはメリットとデメリットの両方があります。
包茎を治したい方でこの手術に興味がある人は、その両方をチェックしておきましょう。

 

 

包茎クリニックが行う包茎治療で跡が残りにくい治療法の種類

包茎治療の中には、跡が残りやすいものと、残りにくいものがあります。
治療跡が残りにくい方法に、どんなものがあるかを調べてみました。
自分は跡が残りにくい方法で包茎治療を受けたいと思う方は、ぜひここをチェックしておいてください。

 

採用しているクリニックがとても多い亀頭直下埋没法

 

跡が残りにくい包茎手術の種類といえば、まずは亀頭直下埋没法を挙げることができます。
こちらはとても人気が高く、多くのクリニックで採用されている包茎治療です。
その特徴は、結果として傷跡が残りにくい手術法だということです。
どういうことかというと、手術の最後に縫合をするため傷跡は残りますが、その後はカリに隠れて目立たなくなるということです。
傷跡はできるわけですが、それが見えにくくなるので、結果的に傷跡が残らないのと同じ状態になります。
一方で包茎そのものはしっかり治すことができ、症状と見た目の問題の両方をクリアすることができます。

 

メスを使わず皮を剥いて固定するだけの根元部固定法

 

できるだけ治療跡が残らないようにしたいなら、包皮を切除しないのが一番です。
そういう意味では、根元部固定法も跡が残りにくい治療法として優秀といえます。
この治療法はどういうものかというと、包皮をまったく切らずに包茎を治すという治療法です。
方法は、包皮を亀頭が丸見えになるまで剥き、その状態で固定して維持するというものです。
固定した状態を続けることによって剥きグセをつけるのが狙いですが、この方法なら切除は必要ありません。
そして切除をしないということは、傷跡が残らないということになります。
このように根元部固定法は、跡が残りにくいどころか、そもそも跡が残らないという理想的な治療法です。

 

切開部分の範囲がとても狭い背面切開法

 

切除や切開を行う治療の中にも、跡が残りにくいものもあります。
その一つが、カントン包茎や真性包茎の手術で行われる背面切開法です。
この治療の特徴は、一つは手術時間が短いことですが、もう一つは切開部分の範囲が狭いことです。
これは何を意味するかというと、メスを入れる部分が限定的だから、手術痕が目立ちにくいということです。
背面切開法は残念ながら仮性包茎の方には適用できませんが、重度の包茎の方で跡が残りにくい治療をしたい方にはおすすめです。

 

包茎治療の中には跡が残りにくくなる方法がいくつかあることが分かりました。
ただそれぞれに特徴が異なっていますので、患者さんとしては自分に合った方法を選ぶことが大切です。

 

別の方法についてご紹介

ペニス増大サプリ

ホーム RSS購読